クリエイター × 大川の職人新しいヒキダシ家具をつくる

各界で活躍中のクリエイターが考えたアイディアを大川の職人たちが、確かな技術を駆使してカタチにする。
日本一の匠の技と異分野の感性が融合して、まったく新しいヒキダシ家具が生まれました。

  • クリエーターさんのアイディアと、職人さんの仕事をつなぎます

  • Image

  • 相馬唯

    大学卒業後、株式会社ジンクラモトスタジオのアシスタントデザイナーとして勤務。頭だけではなく手で考える造形を大切にし、家電製品や日用品、家具などのさまざまなプロジェクトに参加。2016年に独立、デザインオフィスを開設。今回はクリエイターのアイディアを、大川職人につなぐ役割を果たす。

01

「かわいいをつくるヒキダシ」

  1. CREATOR

    Image

    イガリシノブHair & Make up Artist

  2. ×
  3. OKAWA FACTORY

    Image

    木彩工房アイディアと暖かさあふれる杉の使い手

イガリシノブHair & Make Up Artist

BEAUTRIUM所属。ファッション誌を中心にコレクション・広告などのヘアメイクを手がける他、化粧品開発ディレクターや「BEAUTRIUM ACADEMY」にてメイク講師を務めるなど、幅広く活動する。ファッション性の高い創造力と持ち前の明るいキャラクターで、多くの女優・アーティストから支持され続けている。

01

アイディアヒアリング

「最近このことばかり考えていた」というイガリさんからは、溢れ出すように様々な
アイディアをいただきました。

Image

Image

Image

Image

会話の中で出てきたアイディアをポストイットに書き留めながら、イラストでイメージを確認。

02

ラフデザイン

イガリさんのイメージをもとに作成した3Dのラフデザインを見ていただくと、
さらに細かいアイディアが湧いてきました。

Image

Image

Image

Image

3Dのラフデザインを作成して、さらに細かくの仕様を検討していく。

03

大川職人打ち合わせ

イガリさんのアイディアを実際に形にする方法を、大川職人と相談しながら検討していきます。
今までにないヒキダシ家具のデザインを目にして頭を悩ませつつも、
一生懸命方法を模索してくださいました。

Image

Image

Image

Image

イガリさんのアイディアを形にする方法を大川職人と相談しながら、
図面を仕上げていく。

04

つくる

かわいい仕掛けがカタチになるまで

メイクに欠かせない保湿効果、肌をきれいに見せる色合い。
女性にとっていいこと尽くしの杉を、釘を使わず、木製のネジや“蟻桟”を活用してつくりあげました。
小島さんの小さな工房で、アイディアと大川の伝統が融合します。

Image

図面は頭の中に

相馬さんから受け取った図面。ここから詳細な図面には起こさず、頭の中で組み立てて一気につくり上げていくのが小島さんのスタイルだ

Image

Image

Image

釘・ボルトを使わない

極力、ボルトを使わずに、木を組み合わせてつくるのが木彩工房の流儀。“蟻組”と“ベタ底”と呼ばれる伝統技法で、ヒキダシを組み上げていく


Image

Image

Image

Image

ぬくもりのある木のネジ

木彩工房のオリジナルアイテム・木製ネジで、ヒキダシ家具の四隅をしっかりかつ簡単に固定。ゆるめることで角度を変えることもできる

Image

歪みを防ぐ蟻桟

木は曲がる力が強い。扉の板が曲がらないよう蟻桟を用いて棒状の木材を取りつけた。取手にもなる、デザイン性と機能性を兼ね備えたアイディア

05

完成

世の女性から熱い支持を集めるヘアメイクアップアーティストのイガリシノブさん。
彼女が考えたのは、鏡の両脇のヒキダシにコスメやヘアメイク道具を全部つめこんだ夢のドレッサー。
数々のアイディア家具を生み出してきた木彩工房・小島嘉則さんの手によって、女の子のための宝箱が完成しました。

  • Image

  • Image

  • Image

  • Image

    1お手本はここに挟んで

    あれこれといろんなメイクを試してみるのも、女の子の楽しみ。鏡の脇のバインダーは、雑誌の切り抜きやメイク本を挟むためのもの。イメージや手順を見ながら“かわいい”づくりに没頭できそう

  • Image

    2天井にはくちびるを

    天井にくちびるの形のくり抜きを施して、あたたかさの中にもかわいいスパイスを。くちびるはイガリさんが顔の中で一番好きだというパーツ。小島さんのレーザーカットの技術で、こだわりの形も見事に仕上がった

  • Image

    3ヒキダシを持ち運ぶ!

    普段使いのメイクアイテムは、ヒキダシごと持ち歩き!毎日たくさんのメイク道具を持ち運ぶイガリさんならではのアイディア

  • Image

    4足を伸ばしてリラックス

    地べたでのメイクは、“女の子のかわいいルーズさ”を感じさせたいという、イガリさんのこだわり。鏡の下の小さな扉を奥に倒すと足を伸ばせる空間が出現します。リラックスできるだけでなく、むくみ防止にも効果的

  • Image

    5いろんな方向に引き出せる

    両脇に備えたヒキダシは、手前に横に引き出せて使い勝手抜群。ズレがないよう、ミリ単位で手作業で切り出す技術あってこそ

インタビュー